トップページ | 2006年7月 »

2006年6月29日 (木)

コップが…

ウチの長男、アユアユは幼稚園の年中さんです。

一応、園バスも来てくれるところに住んでいるんですが、夫の提案もあって毎日母が車で送り迎えをしています。なぜそんな提案がなされたかというと、妻がとっても出不精だからです。なんというか、「オープンな引きこもり」と言ってもいいくらい家の中で過ごすのが好きです。そのうえ、ちょっと人見知りです。毎日あいさつをするだけでも違うから、と通っているうちにお母さん仲間と気軽におしゃべりできるようになりました。そんな妻を見て、夫は「俺の言ったとおりだろう」と、ちょっと得意気です。

で、そして幼稚園へと向かう朝の車中でのひとコマ。

道の途中にあったロッテリアが閉店してしまいました。

アユアユ:「どうしてお店おしまいにしちゃったのかなあ?」

母:「ん~、どうしてだろうねえ。お客さんが少なかったのかな~」

アユアユ:「違うよ!」

母:「え?違うの?(結論があるならきくなよ(--;))」

アユアユ:「コップが壊れてたからだよ、きっと!!」

…コップですか?確かに、壊れたコップを出すお店はどうかと思うけど。

本人がとても納得していたので、とりあえずそういうことにしておきました。

彼のオリジナルの発想はなかなかユニークです。手先も器用なので、工作やブロックで時々びっくりするくらい上手に、面白いものを作り出します。

子供の頃ってどんな思考回路してたっけなあ、と思い出そうとするんだけど、もうわからないんだよねぇ。ちょっと悔しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボウケンジャー第18話

ものすごく中途半端なところからのスタートですが、今年の戦隊ヒーロー「ボウケンジャー」の感想。

敵キャラなんかは17話からの続き。鬼や悪魔の伝承の元になった、人間とは違う地球上の種族「アシュ」。そして、彼らを監視し、滅ぼそうとする「高丘」という家系。アシュも、敵としては造形とかカッコよくていい感じだけど、ここのところのポイントは「高丘」!高丘映士です!

黒くてビラビラのコートを着て、長い錫杖を振り回す。しかも一人称は「俺様」!そんでもって目が緑に光ったりした日にはもう……ヤラレタ!!きっと、俳優さんとも合ってるんだな。今年の仮面ライダーにたくさん出てくる「オレ様」たちには全く心が動きませんが、この「アシュの監視者」は別格です。

え~、で、そうそう18話。前回生き残ったアシュに、助けられなかった昔の仲間の幻影を見せられるボウケンレッド。自分にはボウケンジャーの資格がないのでは、と悩むレッドに喝を入れる(?)高丘映士。男の友情が生まれそうな雰囲気です。そのおかげで自分の気持ちに整理をつけることが出来たレッド。先週は全く歯が立たなかったアシュを相手に、今週は無事撃破。…てか、それってボウケンジャーの本分と違う気がするけど。

そんなことより、気になるのは次回予告!!次の日曜は、番組がお休み。ああ、すごく待ち遠しいよう…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月26日 (月)

ボウケンジャー

今年の日曜朝の戦隊ヒーローシリーズは、「轟轟戦隊ボウケンジャー」です。我が家の息子達も戦隊ヒーローが好きですが、今年のボウケンジャーに関しては母のほうが夢中です。いやいや、なかなか面白いですよ!割とオーソドックスな感じで。

ボウケンジャーは、サージェスという財団に雇われた人たちです。サージェスは、世界中にある危険なお宝を保管・管理して地球を守るために活動している(らしい)団体です。そのお宝を遺跡やら持ち主から回収するのがボウケンジャーの仕事です。

レッドはやっぱり熱いキャラ。でも、今年のレッドは年長者で頼れるチーフなので考え無しに突っ走ったりはしません。無茶をしているようでも裏を考えてあります。しっかりしたレッドっていうのは、ここ数年では珍しいかも。

今年はグリーンはいなくてブラックです。謎キャラとか、冷静な感じが多いけど、どうなんだろう。ボウケンブラックは、まあ斜に構えている感じは感じなんだけど、いかんせん若いので冷静になりきれず、レッドの手のひらで転がされているみたいです。

ブルーは基本かな。情報通で、爽やかな好青年。普段の飄々としている感じが私としてはツボ。元スパイという設定上か、にっこり笑っていても何か企んでそうなところもツボ。

イエローは、今回は謎な不思議ちゃん。だって記憶喪失だし。あ、でもオトボケキャラなのは基本かも。「決めポーズが気に入らない」とは夫の弁。

ピンクは、強くて冷静で生真面目なサブチーフ。もう、すっごくお堅いところがおもしろい。元自衛官で射撃が得意という設定。なんとなく、「鋼の錬金術師」のホークアイ中尉を思い出すんだけど。駄目かなあ?

で、今までの話の流れから、どうやら黒→黄で桃→赤っぽい。黒黄はどうでもいいんだけど(ゴメン)、桃は応援したい。強い女の子がほのかに想いを寄せるのが、すっごく微笑ましいんだよ~~~(>_<)ノ、、

よかったら、感想にもお付き合い下さいませ~。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年6月24日 (土)

アマネッチ近況

とりあえず、まずは近況から。

次男、アマネッチ(2歳8ヶ月)

まだまだ発展途上。ここ1ヶ月くらいトイレトレーニングを実施中。

兄のときの失敗を元に、とにかく私がイライラしない方向で。気長に進めるつもりです。

基本的に外出時はオムツなんですが、時々布パンツから替えるのを忘れてしまいます。

今週もパンツのまま兄の幼稚園のお迎えに行ってしまい、おもらし。

駐車場にてみんなで遊んでいると、仁王立ちして変な顔をしているなあと思ったら「出ちゃった…」

で、「脱ぐ」と言うので脱がせたけど、何にも替えがなかったんだよね。

そのまま、お兄ちゃん達やお母さん達にかわいいお尻を披露してきました。

Oshiri_1

それから、アマネッチはよく寝ぼけます。

この前は朝方、

「きんのねこ、どこ~~~?きんのねこ~~~」

と、叫びながら泣き出し、母をキックキック!

眠い母は冷たいです。

「…そんなのウチにはない。諦めて寝な」

布団を被ってしまいました。しかし、なおも食い下がるアマネッチ!

「きんのねこ、きんねこ~~~~~!!う゛わ゛~~~~~~んっ」

なんなんだよ、金の猫って!?きんねこって略すなよ!ていうかやっぱり家には無いって!!

と思いつつ放っておくと、優しいお父さんが登場。

「どうしたの?抱っこしてあげようか?おいで~」

「いやっ!!ま゛ま゛~~~~~」

救世主、あえなく振られる。

その後、母が添い寝したらおとなしくなった、と思うんだけど。朝になってアマネッチが起きて来て、「きんのねこ」という言葉は聞かれなかった。一体どんな夢を見ていたのかな~。

え~と、こんな感じで書いていこうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月20日 (火)

始めちゃったよ

どうしようかなと思っていたけど、とうとう始めることにしてしまいました。

こういうの、試したがりだからね。

あまり大きな事は考えずに家族通信としてやっていこうと思っています。前ほど里帰りもできなくなってきたし。

私の趣味にも走るけど、そこはご愛嬌ってコトでヨロシク。

のんびりがんばろうかな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

トップページ | 2006年7月 »