« バムケロ | トップページ | 新しいすべりだい »

2006年7月 9日 (日)

ボウケンジャー 第19話

とうとう楽しみにしていた、眩き冒険者の回ですよ~。何とか7時半ぎりぎりに起きて、リアルタイムで観ることができました。

まずは、出張から帰ってきた牧野先生。早速新しいマシンとボウケンシルバーへのチェンジャーのお披露目です。それを持って、高丘映士の元に走るチーフ。

チーフ:「お前、ボウケンシルバーにならないか?」

高丘:「はあっ!?」

…高丘の反応ももっともです。突然あんなカラフルな団体の仲間になれと言われても、ちょっと考えちゃうよね。

そんな時、ゴードム文明の神官ガジャ様が現れます。悪役です。あと、ガジャ様によって蘇ったアシュ達。ゴードムエンジンとやらを埋め込まれて、クエスターとか言う存在になったみたいです。全く歯が立たず、やられてしまうボウケンジャー+1。「とどめだ!」と意気込むガジャ様ですが、その場を勝手に立ち去るクエスター達。「やつらを倒すチャンスだぞ!」との声にも聞く耳なしです。「ま、まあいい。これはデビュー戦だからな」と、明らかに動揺しつつも退散するガジャ様。ん~、ああいう手合いは大体言うこと聞かないよね。

怪我をしたので基地に戻るボウケンジャーたち。高丘も気絶していたが意識を回復。そして、錫杖が粉々に砕かれたと聞いて…目が緑に!牙が生えて暴れまわる!やった~!!o(>_<)oしかし、サブチーフ冷静に捕縛。冷静すぎます、さくらさん。

Takaoka

いろいろあって、高丘映士がアシュと人間のハーフだとわかる。錫杖にアシュの血を封じる力があって、映士は人間でいられるんですって。いい設定だ。グッジョブ!(>_<)b

映士のお母さんは、アシュのわりにほとんど人間ぽくて綺麗。男のアシュは、獣っぽくてごついんだけど。いろんな見た目のがいるのかな?

で、またいろいろあって、チェンジャーと武器を映士に託し、ボウケンジャーたちは町で暴れるアシュを倒しに向かいます。やはり歯が立たず、またもやられそうになるボウケンジャー。そこに現れたのは……よりアシュに近づいた映士!目が光って牙があって、髪が真っ白で顔になんか模様が(ここ、お母さん似)。

ボウケンジャーに攻撃を加えるアシュ・映士。それに立ち向かうのは、我等がチーフ。「使命を思い出せ!アシュを滅ぼすというのなら、自分の中のアシュとも戦うんだ!」戦いつつ説得です。熱い!さすが熱き冒険者。チーフに武器の刃先が振り下ろされる瞬間、「戦え!映士!!」…振り返りざまクエスターに攻撃する映士。「俺様は、高丘映士だ!」あ、戻った。男の友情だねっ。

そして、ボウケンシルバーに変身。変身した瞬間、全身がキラキラっていうか、ペカペカっていうか…。鏡面になっちゃってて、映り込みがすごいのね。スタッフが映らないようにするの、大変じゃないのかなあと思っていたら、ロケの戦闘シーンでは鈍い銀色になっていました。やっぱり。っていうか、こんなこと気にしちゃう自分はもう純真ではないのね。

結局クエスターにはまた逃げられてしまうが、今日の戦いは終了。「お前はもう俺たちの仲間だ」と言われてちょっとだけ嬉しそうな顔を見せた映士。でもそこで映士の父親の姿がフラッシュバックして、再び「俺様に仲間はいらない」と頑なになる。大切な人ができると、もしもの時に悲しいから、とか?そのまま武器とチェンジャーを持って走り去って行きました。…いいのか?持って行っちゃって、いいのか!?

なかなか素直にボウケンジャーに加わらない映士くんなので、来週まで引っ張りますね。来週は映士くんの両親の話みたいです。また楽しみ。ああでも、黒のロングコートがいいのに…。そのうち、ピカピカのジャケットになっちゃうんだ…。

そうそう、悪役のガジャ様がね、かなりいいキャラなんです!以前に一度、ボウケンジャーたちのロボット、ダイボウケンの強奪に成功したガジャ様。ですが、数千年だか数万年だか眠っていたという設定なので、一緒に強奪した仲間に「どうやって動かすんだ?」と聞かれて「…私に最近の機械の事を聞くな~!!」と逆ギレしていました。お、おもしろすぎる。今後もなにかやってくれそうです。

|

« バムケロ | トップページ | 新しいすべりだい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120019/2575481

この記事へのトラックバック一覧です: ボウケンジャー 第19話:

« バムケロ | トップページ | 新しいすべりだい »