« 私は家庭的じゃない! | トップページ | 仮面ライダー電王3話 »

2007年2月12日 (月)

天空劇場

Ag01

ふふふふふ…。2月10日土曜日、行って来ちゃいました。

東京ドームシティ・スカイシアター!!!!!

「最後のミッション、素顔の戦士たち」なのです。つまり、変身前のお兄さんお姉さんが戦っちゃうのです!子供たちも「がんばって早起きするからね!」と大張り切り。新幹線も初体験のアユアユとアマネッチなのです。

家を出たのは6時過ぎ。8時過ぎには整理券の列に並ぶことができました。整理券に並び、スカイシアターの入場券に並び、アトラクションズのゲートが開くのを待ち(朝早くて店も開いてないし)、すぐ集合時間なので指定の場所に並び、スカイシアターに入れるまで待ちました。10時半の開演まで2時間以上何もすることがなくあちこちで列に並ばなければいけないのは、子供にとって我慢の限界も振り切っていましたが、その分期待も高まるってもんでしょう。

でもまあ、そんなに気合入れなくても整理券は取れるみたいだったし、ゆっくり行っても大丈夫だったね。キャパシティが1600人と小さいから、後ろの方でも十分近い近い。

チケットを切ってもらって中に入ると、入り口のところで変身後のボウケンレッドがお出迎え。ちびっ子たちと握手をしてくれています。以前、電気屋のイベントでボウケンジャーショーを見たときは逃げてしまったアユアユ。「大丈夫か!?」という母の心配を余所に、普通に握手して通り過ぎました。あ~、成長したんだね…(ホロリ)

Akusyu_1 

中は完全に自由席なので、場所取りでちょっと右往左往したものの、アユアユの主張で舞台向かって正面からやや左辺りに座ることに。この選択が後に活きることになります。

ショーが始まってからは、もう夢中で見てしまいました。だってもう、ホントに近いんだもん。表情まではっきり見えるし…。シルバーがアクションできるのは知ってたから期待してたけど、他のみんなも、なかなかサマになっていましたよ。敵の動きも、さすがに電気屋のイベントとは全く違いますね~。高さを使ったアクションとか、すごく迫力がありました。

ボウケンジャーはネガティブ達にに力を奪われて変身出来なくなり、危機に陥ります。そこで、子供たちの応援の声で力が復活。なんてお約束、感動!!変身前がたくさん見たい母とは違って、子供たちは純粋に戦いを見ています。なかなか変身できないボウケンジャーたちを見てアユアユは「早く変身しないのかなあ」とか言ってました。そして微妙な感じのロボ戦もあり、もちろん敵をやっつけてプレシャスを回収。最後、チーフが中央の客席通路を駆け上がり子供たちへ呼びかけました。「ほら、チーフがそこにいるよ~」とアマネッチに言っていたら何と!すぐ近くの通路をシルバーが駆け上がったではないですか~。ち、近い…(*゜ロ゜*)アユアユ、君の言う通りにしてヨカッタ~。

ショーが終わって、6人は再び挨拶で舞台に出てきてくれました。

さくらさんは、役では冷静で落ち着いた雰囲気ですが本人は結構明るい女の子って感じです。「大きな声でいきますよ~!こーんにーちはーーー!!」と元気よく始まりました。

Sakura_1

翌日がボウケンジャーの放送が最終回だということでイエロー、ブルー、ブラックと話をつないでいきました(ブラックは、ショーでちょっと失敗したバク転を決めてくれました)。そして映ちゃん・シルバーです。この日はとってもお天気が良くなって暖かかったんですが、

銀:「先週は寒くてね~、チーフ」

赤:「ああ、寒かった…」

黒:「でも、心はあったかいよな!」

(あったかい…?)

青:「それを言うなら、熱い、でしょ」

黒:「あっ!」

桃:「あたたかき冒険者?」

赤:「生ぬるくなっちゃうからね」

黒:「あ~~~、しまった~…」

赤面してしゃがみこんでしまうブラック君。天然?ちょっとかわいかったです。みんなの仲の良い感じが出ていて、とても楽しい挨拶でした。

このそれぞれの挨拶の間中、チーフが会場の子供たちにず~~~~~っと温かい笑顔で手を振り続けていたのがとても印象的でした。本人のブログでも時々言っていることだけど、所謂「大きいお友達」ではなく、あくまで子供たちのためにっていうのが伝わってきて、私も温かい気持ちになりました。

Satoru

アユアユとアマネッチも「楽しかった~!(>o<)」と大喜びで終わりました。

丁度お昼の時間なのでお店に入ることに。そこでアマネッチが「ポップコポンほしい!ボウケンジャーのポッポコポン!!」と、レジ脇の棚に一直線。ボウケンジャーの絵が付いたプラスチックケースに、ポップコーンが入ったやつが1000円で売っていました。むうぅ、ネズミーランド並みの商売だな…。ま、遠出のお出かけも滅多にしないし、お土産代わりにと思って買ってあげました。そりゃもう、すっごく嬉しそうでしたよ~。てか、「ポップコポン」て…何度聞いてもかわいくて笑っちゃうんですが。

Popcorn

それから、アユアユが朝から騒いでいた「おもちゃ王国」に行くことになりました。CMも見たことあるしな~。でも…わざわざお金払ってまで入るほどの場所でもないような…。子供はいろいろとおもちゃで遊んでいましたけどね。

子供の体力を考えて、3時前には撤収することに。アマネッチなんかは、水道橋で電車に乗ったらもう寝ちゃったし。その後新幹線に乗り換えて駅に着き、駐車場に停めてある車に乗せるまでずっと抱っこ。……重かった……。この日、一番疲れた。

すっごく楽しくて、幸せな一日でした~。シルバー好キーを公言している私だけど、「素顔の戦士ショーなんて、東京ドームシティなんて…行けるわけないわよね」と最初から諦めていました。が、「え?行くんでしょ?」と実行に移してくれた夫に感謝。ついてきてくれた子供たちにもね。ありがと~~~(T-T)

|

« 私は家庭的じゃない! | トップページ | 仮面ライダー電王3話 »

コメント

『後楽園遊園地で僕と握手』もココまで進化しているんですねぇ。
中身(変身前)のショーなんて結構贅沢ですよね。

イラストの数と文の長さでEchoさんの満足度の高さがうかがえます。

投稿: know_the_base | 2007年2月14日 (水) 06時33分

分かって頂いてありがとうございます~。イラストには、愛情の偏りが見受けられます。
あのショーも、長年の伝統があるしね。子供たちの反応が直に伝わるので、役者さんも楽しみにしていてくれるみたいです。
今年は両親がノリノリだったのでアユとアマも連れて行ってもらえましたが、来年以降はわかりません。シアターの入場料はともかく、交通費を出してもいいと思えるくらいでないとね…。

投稿: Echo | 2007年2月14日 (水) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120019/5300516

この記事へのトラックバック一覧です: 天空劇場:

« 私は家庭的じゃない! | トップページ | 仮面ライダー電王3話 »