« 今週のヒーロー | トップページ | 仮面ライダー電王 »

2007年2月 4日 (日)

今週のヒーロー

メビウス

達観した隊長、サコッチの実体がちょっぴり明らかに。元科特隊の一員で、亜光速宇宙船の任務についていた為にウラシマ効果で同年代の隊員よりも若いままだったという。で、ガイズのトップであるタケナカというお爺ちゃんと旧知の仲だったらしい。どうやら往年のファンにはたまらない「旧友の来訪」だったみたいです。

任務で宇宙を飛び続けていた過去のサコミズ隊長は、冥王星の近くで敵対感情を持つ宇宙船の軍勢と遭遇、危機に陥ります。その時、ゾフィー隊長に助けられ生きて地球に戻ることが出来ました。「俺たちは助けられていたんだ。俺たちの知らない敵から、俺たちの知らないところで……」その大きな存在に感謝し、彼らの期待に応えようとガイズを立ち上げ、頑張ってきたんだね。人類はただウルトラマンに守られるだけの存在ではなく、共に助け合って敵と戦うことが出来るほどの力をつけなくてはいけないと。

自分もきっと、自分の知らないところで家族や友達なんかに助けられてきたんじゃないだろうか、と改めて感じさせてくれる話でした。

ボウケンジャー

後2回……寂しいよう。

リュウオーン様は、やはり前回の爆発でお亡くなりになったようです。OPから映像がなくなっていました。

チーフを救出しようとサイレンビルダーを出動したところで、ガジャ様が登場。サイレンビルダーのネオパラレルエンジンからプレシャスを奪われ、更に「ゴードムの心臓」を持っていかれてしまいます。(でも、もともとガジャ様の物だよね)

これ以上のガジャの強化を防ぐため、全てのゴーゴービークルを封印。これによってボウケンジャーは変身が出来なくなります。大勢のカースに取り囲まれ、散り散りになって逃げる4人…いや5人。戦闘能力のなさそうな牧野先生がどうやって逃げたのかがすごく気になる。

逃げる中で、それぞれが絶望の中から自分だけの宝を再認識して仲間たちが集結していく過程がいかにも戦隊ヒーローっぽくていいですね!いやでも、ただ一人サロンにたどり着いたさくらさんが、呼びかけに全く答えないMr.ボイスに「あのトンガリ野郎…」と呟いてモニターを叩き割った時は正直笑った。さくらさんが言うからこそ怖さが増す一言だよね!

何故か「ゴードムの脳髄」を持って逃げ回り、サージェス内部のことに詳しい謎の少女(先週ブラックに声かけてた?)をさくらさんが保護。次々に仲間たちが集まり、ブラックも落ち込みから浮上して戻ってくる。ガジャの作り出した魔物(?)と戦って倒したかに見えたが、お約束で巨大化。しかしビークルは封印されたまま!どうする!?

「いや、君たちはよくやってくれた。いい時間稼ぎができた」ちょっとそこの少女、その偉そうなしゃべり方ってまさか──。

ダイボイジャーに乗って、チーフ復活~。

さあ、来週は最終回だ~~~(T-T)

仮面ライダー電王

見たけど、感想は後で。

|

« 今週のヒーロー | トップページ | 仮面ライダー電王 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120019/5211224

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のヒーロー:

« 今週のヒーロー | トップページ | 仮面ライダー電王 »