« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月 6日 (木)

泥棒と間違われました

それは、のどかな連休中の、ある日のこと。

子供たちを寝かしつけていたら、母の私も一緒に眠ってしまいました。

いつもよりも早い時間に寝たものだから、変な時間に目が覚めてしまい、まだまだ未明だというのに眠れなくなってしまいました。

せっかくなので、録画してあるドラマでも見よう、と起き出して。

お茶を飲みつつ、一人の優雅な時間を楽しんでいました。

ドラマも見終わって、ちょっとトイレに。

バタン、ドタドタ…と、誰かが起き出した音。

足音の重さからして夫だな~、と思う。

用を済ませ手を洗っていると、突然ガチャッとトイレのドアが開きました。

振り返ると、そこには何やら身構えたポーズの夫が。

………………ん?

夫:「……なんだ~~~、よかった~~~~~っっっ」

はい?

夫:「妻だった~~~~~~~~!!」

他にだれがいると

夫:「だって、ちゃんとアマネッチのとなりにいたんだよ」

いなかったって

夫:「ちゃんとみんな寝てるのに下から物音がすると思ってさ~~~」

だから布団にいませんでした

夫:「いつも妻がいる場所に、こんな感じのがいたんだって!」

…それはたぶん、アユアユだと思います。

まったくも~~~っ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »