« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月19日 (火)

10月18日は

1018_002

10月と言うのに、庭に朝顔が咲いていました。

アマネッチが今年育てた朝顔の種が飛んだんでしょうか。

門から玄関に至る砂利のなか、「なんか朝顔っぽい葉っぱが」と

放っておいた草が、やっぱり朝顔だったんですが。

しかし、こんな時期にも咲くんですね。

そんな昨日、10月18日は、アマネッチの7歳の誕生日でした。

今年は小学生になり、空手も始め、ますます世界が広がりつつある、そんなお年頃です。

誕生日のプレゼントはポケットモンスターの新作ソフトで、ホワイトの方です。ちなみに兄のアユアユはブラック。

今年の誕生日のプレゼントはこれにすると決めたものの、誕生日まで待っていると、発売から1ヶ月しか配信されない特別なポケモンがゲットできないとのこと。

なので今年は2人とも、誕生日より早くソフトの発売日、9月にお誕生日プレゼントでした。

『アユアユとアマネッチはレベルアップした!』

『アユアユとアマネッチはあたらしく「たんじょうびプレゼントのまえがり」をおぼえた!』

ポケモン風に言うと、こんな感じでしょうか。

1018_001

ここ何年かはお店で買ってしまうことが多かった誕生日ケーキですが、今年は作ってみました。

この時期、スーパーをハシゴしてもイチゴが置いてなかったので、悩んだ末にブルーベリーで代用。

7歳のロウソクはアユアユの時のお下がり。

子供たちが帰って来たとき、ちょうど飾り付けの最中だったので、ブルーベリーはアマネッチが並べました。黄緑色のはチョコペンです。

夕飯の後、おいしくいただきました~。

買うケーキのいいところは、味や見た目ももちろんなんですが、ちょっと小さめの5号サイズ(直径15センチ)のホールケーキが作ってもらえるところでしょうか。これだと、4等分して1人分が「ちょっと大きいけど、お誕生日だしいいよね」サイズで、1日で食べきれます。

我が家にある型は6号(18センチ)なので、4等分だと明らかに大きすぎる。

まあ、8等分して2日に分けて食べるわけで。

明日もお誕生日ケーキ食べられるね、と言ったときのアマネッチの反応は。

「どうしよう、明日はお誕生日じゃなくなっちゃうよ?」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

秋の陣!

相変わらず、途中経過がありません。

でも、今日無事にイエローサブマリンのピンキーコンテストに出品してきました~。

「薄桜鬼」の土方歳三さんです。

コメントは「まがい物だろうが何だろうが、貫きゃ真になるはずだ!」

ま、これを言ったのは本当は羅刹の時ですが。

Hijikata_009_4

Hijikata_010_2

9月から作り始めていましたが、なかなか進まず。

この前の舞台のおかげでラストスパートかけられました。

続きを読む "秋の陣!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

感謝

実は昨日、観劇してきました。

「薄桜鬼」という、新選組を素材にしたゲームが大好きなのですが、その舞台版「薄桜鬼~新選組炎舞録~」というものです。

とあることから舞台の情報を知って、「まあ無理だよね」と思いつつ公式HPとかを見ていたわけですが。

横から「本当にいいの?後悔しないの?」という夫の声が。

もうチケットの発売から1ヶ月以上経っていたし、子供のこととか、いろいろ考えると難しいでしょ~。そんなこと聞かれたら、諦められなくなるじゃな~い、と言っていたんですが。

夫がものすごく頑張って協力してくれて、なんとこの度、舞台を観に行くことが実現してしまったのです!

ありがたや・・・。

楽しい一日を過ごさせてもらいました!!

マニアックかつネタバレなので、内容については続きにて。

続きを読む "感謝"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

ちょっとドキドキした

休日の夜、夕飯も食べ終わってのんびりしているとき。

その爆弾は落ちてきました。

アマネッチ:「ねえ、おかあさん」

私:「ん?な~に?」

アマネッチ:「何のためにおとうさんと結婚したの?」

う~ん、「なんで」じゃなくて「なんのため」?

私:「え~と、お父さんが好きだから、ずっと一緒にいたくて、かな」

アマネッチ:「ふ~~~ん、じゃあさ~」

アマネッチ:「子供ができる覚悟はできてたの?」

・・・・・・ぶはっ!!

こ、こども!?

覚悟!?

いったいどこからそんな質問が・・・。

昼間は私だけ別行動で、男3人は親戚の集まりに行っていたので、何かあったのか、夫に聞いてみました。

思い当たる節としては、アマネッチたちのいとこである赤ちゃんと会ったからかも、ということで。

もうすぐ1歳になる彼女は、だんだんと動きが激しくなるお年頃。

「お外に出ちゃダメ!」などど頑張って気をつけていたようで、赤ちゃんは手がかかって大変、と感じたのかもしれないねえ、という返事でした。

ん~、なるほど。

アマネッチも、いろいろと感じて考えたわけですね。

もちろん、覚悟はあったし、そのように伝えましたよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »