« 2010年11月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月26日 (土)

除去!!

我が家の中で、1人だけ花粉症の私。

今年は症状が出る前から薬を飲み始め、「さあ、どっからでもかかって来い!」と思っていたら。

暖かかった昨日の夕方から、くしゃみと鼻水が止まらない・・・。

やっぱり、去年の数倍という花粉の量は伊達じゃないのか。

ぐしぐしとつらいまま一晩。

そして次の日、夫が言いました。

「空気清浄機、買おうか」

あああああ、ありがとぉ~~~~~~(TロT)

と、いうわけで、ネットを見ていろいろと検討した結果、「光速ストリーマで花粉核まで除去!」というダイキンさんのこやつに決めました。

Pht_mck75l_00_2

ACK-75L-Wくんです。加湿もできます。

さっそく、近所のヨドバシで購入。

持ち帰って、ウハウハとリビングに設置。

そして今、とっても調子いいです!

夕飯の時には、ニオイセンサーが激しく反応。仕事してるな~って感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

ゴーカイジャー 第2話

Gokai21

海賊なのに、中学生に懐からすられちゃとか、ないよね~。

なので、私としては理由が知りたくて泳がせるためにわざと、に1票なんだけど。

しかし、「この星を守る価値はどこにある?」というマーベラスの問いに対する、「そこら中にいくらでもある。海賊だったら自分で見つけろ!」という中学生男子の返しには結構しびれました。彼にはぜひ、後半あたりで成長した姿を見せて欲しい。

マーベラスの過去もちょこっと出てきました。謎のレッドって・・・まあ、アカレッドさんだよね。でも、Vシネのキャラ、どれくらいの人がわかるの・・・?

あとはですね~、アイムの場合は、お姫様の優しさってことでいいのかなあ。いたいけな中学生がマーベラスに「ギッタギタに」されるのは心配だけど、そのためにグリーンを踏みつけていったよね。コミカルな表現と言ってしまえばそれまでだけど、「あの子がかわいそう」といいながら身近な誰かを傷つけるのは平気っていうのは、所詮ショミ~ンの痛みには鈍感っていうか、自己満足のための優しさってことになりかねないよね。ま、それはそれでリアルなお姫様?なのかもしれないけど。

今週のマベちゃん

Gokai22

煙と何とかは高いところが・・・・・・ガッ!?

あ、ウチのマベちゃんはアホ毛標準装備です。

変身の名乗りのときの動作が「緊張して、手汗を太ももで拭いてます」的なグリーン君。

変身前はいつもビビリなハカセ(グリーンのこと)、そのうち「根性見せろ!!」な話が来るよね、と思っていたら、来週さっそくそんなお話みたいですね。マジレッドも出てくるし、楽しみ~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月14日 (月)

ゴーカイジャー第1話

派手に行くぜ!!というわけで始まりました。

第35代戦隊ヒーロー、ゴーカイジャー。

幕開けから、歴代のヒーロー総勢182人が揃ってのアクション。

壮観で、豪快で、圧倒されました。

Gokai11

感動のままにお絵描き。

いまちょっと、お絵描きへの心のハードルが低いので、いつまで続くかわかりませんが。

ざっくり感想を言うと、期待以上、でした。

我が家ではリーダーシップのあるレッドが好感度が高いので、キャプテンという位置のマーベラスはとってもいいですね!

正義の味方らしからぬ「ニヤリ顔」もたまらんです。

イエローはお宝やお金にガツガツしてて、海賊っぽさを担っているし。

敵が来るとピンクの背に隠れちゃうグリーンもおいしい役どころだし。

ピンクも、最初はお嬢様っぽい見た目に「どうなの?」と思いましたが、お姫様設定で動いているのを見たら全然アリになりました。

ブルーは長髪の剣士ってだけでポイント高いんですが、頑張ってクールなキャラを維持するんだ!て感じです。

5人のキャラのバランスと雰囲気がいいですね。

あとは、宇宙人である彼らが、地球を守るために戦う理由を見つけられるか。それに対して納得できるかがキーポイントかな。

お宝を探すのに邪魔だから、では1年間はもたないし。

過去の戦隊ヒーローの力を借りるという設定を聞いた時、ディケイドっぽさを感じてものすごく不安になりましたが、どうやらその辺は大丈夫そうです。

むしろ、「マジブルーが男だ!」とか、面白いです。

今週のマベちゃん

Gokai12

「べ、別にアンタたちを助けようとしたわけじゃないんだから。

カレーライス・・・

そう!あれを食べ損なってお腹が空いてたから、

腹が立ってただけなんだから!

だからザンギャックに八つ当たりしただけで・・・

勘違いしないでよね!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

副賞ゲット!

1月末ですが、コンテストに出品していたピンキーを引き取ってきました。

今回は開催方法が新しくなって、フィギュアコンテストの中に「ガレージキット・フルスクラッチ部門」と「可動フィギュア部門」と「ピンキー部門」があって、部門ごとに投票による優秀賞1作品と、フリーで店長賞・担当賞・敢闘賞が設けられていました。

私の結果はですね…

「ウシワカ(大神)」で、担当賞をいただきました!!

今までにない感じが評価してもらえたのかな…と思いつつ。

どの店員さんが担当さんかはわかりませんが、ありがとうございました!

副賞で、イエサブ宇都宮店のみの500円分の商品券をいただきました。

商品券をよ~く見ると、「有効期限:2011年1月末まで」と書いてある。

「あと数日しかない!?」という私の考えを読み取ったのか、手渡してくれた店員さんは「あ、1月末までって書いてありますけど、ちょっと過ぎても大丈夫ですから」と言ってくれましたけど。

でもせっかくなので、その日のうちに使っちゃおう、と思いまして。「サマーウォーズ」のピンキーを買うことにしました。帽子やワンピースもかわいいし、欲しいと思ってたんだ。

そして次のピンキーコンテストに備える私…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

音読は油断できない

小学生の宿題には、音読がよく出されます。

私の子供のころは、自分で「読んだ」と言えばそれで済んでいました。

今はきちんと「おんどくカード」があって、何を読んで、声の大きさや読む早さ、正確さ、3年生だと気持ちをこめられたか、などチェック項目に印をつけて、親のサインをもらわなければなりません。

なので、毎日のように教科書や図書室で借りてきた本の音読を聞いて、チェックをしなくてはいけないんですが。

小学生の教科書って、けっこういいお話が載っていますよね?

だんだんと涙腺の弱くなってきた身には、ぐっとくるお話が時々あるんですよね。

いま、アユアユは「サーカスのライオン」という物語を読んでくれます。

ちょっと寂しい少年と、サーカス小屋の老いたライオンが心を通わせていくお話です。少年の夢は、サーカスでライオンの火の輪くぐりを見ること。「明日、その夢がかなうよ」とライオンに報告する少年に、それならば明日は若いころのようにすごい火の輪くぐりを見せてやる、とはりきるライオン。

その晩、住宅地で火事が起こります。ライオンが檻を破って駆けつけると、それは少年の住むアパートでした。ライオンは少年を助けるため、燃え盛る火の中に飛び込んでいきます。少年はライオンによって、はしご車の救急隊に引き渡されて助かりますが、ライオンは…。

次の日のサーカス小屋で、ライオンがいない火の輪に向かって、観客たちは惜しみのない拍手を送るのでした。

と、いうお話なんですが。

ここ1週間くらい毎日聞いているのに、毎日泣きそうになっています。

うう、そろそろ勘弁してください…。

「春のゆきだるま」も切なかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

すでに心は

次の戦隊へ。

ゴーカイジャー、楽しみすぎる。

と、いうわけで、今年はゴセイジャーのG-ROSSO(素顔の戦士ショー)はスルーして、次の戦隊ヒーロー「海賊戦隊ゴーカイジャー」のプレミア発表会に行ってきました。

1月29日、東京ドームシティのプリズムホールです。

正義の味方なのに海賊…しかも宇宙海賊。海賊が流行っているとはいえ、いいのか?

でも、そんなことを言っている私も、モチーフとしての海賊は大好きだ~~~!ジャック船長…!

5人のキャラ付けや見た目もなかなか良さげで、お話になってどうなるのか期待が高まりました。

役者さんたちはまだ初々しくて、自己紹介なんかも緊張しているのが伝わってきて「がんばれ~」と応援してあげたくなる感じでした。

ゴセイジャーの5人の役者さんも応援に来てくれてて、その余裕っぷりとの対比も面白かったですね。

1年後の、成長した彼らも楽しみです。

せっかく東京ドームシティまで来たから、と今年はいくつかアトラクションに乗ってみることに。

キッズ用のユル~いタワーハッカーや、自分でロープを引いて座席を上げていくパワーハッカー、あと、いわゆるコーヒーカップ系の乗り物に乗りました。

コーヒーカップは、子供たちがめちゃめちゃ面白がってぐるぐるカップを回すので、親はもう「うわ~~~~~」と叫ぶしかありませんでした。降りるときはもう、フラフラで歩けないかと思った…(◎ロ◎)

それからポケモンセンターに行って、今年もポケモンのぬいぐるみを買いました。意外とぬいぐるみが好きな我が家の子供たち。

「楽しかった~~~~!!」と大満足で帰ってきました。

でも次の日、ニュースを見て背筋が凍る思いがしました。

前日に自分たちがいた場所で、あんな痛ましい事故が起こるなんて。

亡くなった方のご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年3月 »