« 2013年3月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年5月19日 (日)

ばりばり~

さて、春ももう終わり、初夏ですね。
アユアユは6年生に、アマネッチは4年生になりました。

なんかもう、すっかり少年だよね~。
アユアユなんて、声変わり1回目が終わりましたよ。
家族にはいまいち変化が分からないんだけど、連休中の帰省ではみんなに「なんか変わった!」と言われました。

そして暑くなってきたところで、この週末に子供たちの散髪を計画。
今更ですが、バリカンを買いました!
いや~、本当にいまさら。
しかし、やはり素人には襟足やら耳周りをハサミできれいに短くするのはむずかしいのですよね。時間をかければそこそこいけるけれど、いつも「まだ?」「もういい?」と急かされると「じゃあ、床屋さん行って!」「それはイヤ」となるのもいつものことなので。
これで短時間にきれいにできるわよ!とわくわくしながらアマネッチに「週末に散髪しようね~。バリカン買ったから!」と言うと「え?バリカン?・・・・・・ヤだ」という抵抗に。
しまった。やはりもっと小さいうちから問答無用で刈っておくんだった。
「じゃあ、最初アユアユの髪を切るから、それ見て決めてよ」と言うと、これまた横から
「ちょっと待った~!俺、巻き添えじゃね?」というアユアユの突っ込み。
いいじゃん、夏なんだから、さっぱりしようよ、君たち。

まあまあ、となだめてアユアユを椅子に座らせ、バリバリ~と始める。
おお、早いしきれい。ホント、もっと早く買うんだった。
実際なかなかうまくいったと思うけど、アマネッチへのアピールも含めてかなりほめる。・・・が、アマネッチは乗って来ず。
攻防がありつつ、しぶしぶ、本当にしぶしぶアマネッチが椅子に座り「ちょっと試してみるだけだよ」と念押し。「うんうん、ちょっとだけ」と言いつつ、襟足と耳周りを容赦なく刈る私。
結果、「ちょっとだけって言ったのに!」と途中で泣きながら逃亡されました。
階段の踊り場でひざを抱えて泣く息子。半日へそを曲げてました。
「後はハサミでやってあげるから、仕上げしよう?」と提案しても動かず。
この時点で、アマネッチの髪型は襟足は短めで、上半分はそこそこ長め。しかもかなり強い天パでくりくりヘアー。・・・という、狙ったかのようなちょっとカッコイイ頭になっていました。私はそれでもいいんだけど、本人はたぶん、そういうの好きじゃないんだよな~と思いつつも放っておく。
そして夜、落ち着いてから、私が1人のときに寄ってきて「明日前髪も切ってください」とお願いされました。「残りはハサミでいいって言ったよね!」という念押しも忘れずに(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2014年1月 »